ディズニー映画の最新作、「シュガー・ラッシュ」を観ました。

※ネタバレあります 
もう最高の映画でした。

これはハッキリと「いい映画!」と言えます。

伏線がいろいろあって、「あっ!そこでこうきますか!」と驚いたり。

よく知ってるゲームのキャラがたくさん出てきてるのも面白いです。春麗とキャミィが一緒に歩いてるところはニヤニヤするわあ。

まさかメントスコーラが出るとはね… それは予想できんわ…


前にも言いましたがディズニー映画は「観ず嫌い」でほとんど観たことありませんでした。

こないだの「美女と野獣」もそうでしたが、今回の「シュガー・ラッシュ」も最初は余り観る気はありませんでした。

ちょっと懐かしのゲームキャラが出たりするのは魅力だし、映画の評判を見ると、なかなか面白そうなので観てみようかな~という軽い気持ちでしたが

やられましたね。

語りたいことはいろいろあるんですがラストのシーン、主人公のラルフが言う台詞。

「彼女が好きでいてくれるなら、悪役も悪くない。」

もう涙が止まりませんでしたね。あれは泣く。思い出しても泣く。

その後のエンディングはゲームのエンディングを見てるようでした。ドット絵は正義。

リュウと一緒にボーナスステージの車を破壊してたのにはニヤッとしたなあ。

こんな遊び心のある、しかもストーリーがしっかりとしているお話だとは思いませんでした。

やっぱり自分の目で観たものを信じないとダメだなあ。

もっといろんなものを、自分の目で、見ていきたいです。

【追記】

これ欲しい。
 
The Art of Wreck-It Ralph (The Art of Disney)
The Art of Wreck-It Ralph (The Art of Disney) [ハードカバー]