昨日3月2日は劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』鳥取舞台挨拶の日でした!

参加できなかったんですけどね…;;

舞台挨拶に参加された方たちの感想を見ていてとても嬉しい気持ちになったので、感想を書いておきたいと思います。感想の感想です。

※今回の感想は実際に来場された方のブログやツイートを元に書かせて頂いています。
 もしかしたら私の勘違いな内容が含まれている可能性があります。
 その辺りはご了承ください。

___________________________________


まず会場となるのは鳥取県米子市日吉津村
イオンモール日吉津内にあるMOVIX日吉津です。

そう、なんです。
(※ちなみに読み方は”ひえづむら”じゃなくて”ひえづそん”。私も最近まで間違えてました…)
村ではありますが、この映画館、山陰の中でもかなり、というか一番立派な映画館ではないでしょうか。他の作品でも舞台挨拶をやっています。
私も映画を見るときはいつもMOVIX日吉津さんのお世話になっております。
そんな日吉津でアイマスの舞台挨拶!これだけで十分嬉しいことです。

舞台挨拶は10:00からの回と、13:10からの2回行われました。

一回目の挨拶では、若林さんが山陰のお客さんがどれだけ来場しているのかを挙手で調査したそうです。
鳥取が6~7割というまさかの半数以上を占めているのに驚きました!
島根もそこそこいたようで嬉しいです。2割くらいだったようです。
でも鳥取に負けてちょっと悔しい島根県民はいたかもしれない、いや(反語)。

そして若林さんのアニプレに対する貴重なご意見。
山陰も山陽と同じタイミングで上映してくれてもいいじゃないかと。
山陰に住むアイマス好きの皆さんの心を代表して言ってくれたように感じましたw
次回作の映画は是非とも全国同時上映でお願いしますねアニプレさん!

そしてやっぱり鳥取の話題になったみたいですね。
鳥取県民は恥ずかしがり屋が多い!と下田さんが。
全国にも負けていない鳥取のプロデューサー!と若林さん。
確かになかなか出会えない鳥取のプロデューサーさんですが、出会えた人はかなりラッキーかもしれません。

それと劇中にも出てきたあずささんのお土産「てぬぐいまんじゅう」の元になった「ふろしきまんじゅう」の事についても話されたようです。
先日のSSAの会場でも、ふろしきまんじゅうを持っている人をかなり見かけたのには正直驚きました。
あさぽんは上映前にすでに確保済みとの事、流石です
上映後には10分待ちの列ができたというツイートも見かけました。
どれほどの売上げがあったかはわかりませんが、いつもより多く売れたのは間違い無さそうですね。

そして一番驚いたのが下田麻美さんが錦味噌のCMの歌を歌ったということ。
おそらく山陰に住む者ならば、必ず一度は耳にし、そしてなぜか歌えるという錦味噌の歌。
個人的には人形のはなふさのCMソングと双璧をなす山陰の名物CMソング。
こういうご当地ネタは地元民にとってはたまらなく嬉しいでしょうね。これは是非とも生で聴きたかった。
気になる人はホームページなどで動画が見れるので要チェック。
短いCMですがかなりインパクトが強い。多分20年くらいずっと同じCM流してるんじゃないかな錦味噌。

そして最後に会場全員で二人に「おかえり」
アニカルなどで鳥取に帰ってくるお二人ですが、今回はアイドルマスターのイベントということで様々な思いがあったのではないでしょうか。地元鳥取で舞台挨拶ができたのも、若林さんと下田さんの力があったからこそだと思います。


さて、午後二回目の舞台挨拶ですが、午前に引き続き若林さん、下田さんの登壇。
そしてなんとなんとA-1 Picturesの制作プロデューサー清水暁さん錦織敦司監督がサプライズで登壇。
清水暁さんのことは恥ずかしながら存じ上げてなかったのですが、「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」や「マギ」のプロデューサーもやっておられるそうで。まさか鳥取出身だったとは・・・!
そして錦織敦司監督
知っておられる方も多いかもしれませんが、監督は鳥取県米子市の出身です。
普段は表に出ることの無い人だそうですが、鳥取舞台挨拶ということで自らお願いして来られたとか。そういえばマチアソビの受賞の時も来てなかったよなあと思い出しました。
監督からの地元愛を感じる発言が結構あったみたいですね!ていうかてぬぐいまんじゅうも監督の
テコ入れ心意気ですよねありがとうございます。

直接お話を聞ける事があんまり無い監督からのお話は非常に内容の濃いものだったようです。
上映時間が119分だったのが121分になったが、その2分がどこかは言えない…というような秘密の話もあったり。普段では聞く事のできない内容、監督がいるからこそですね。

最後に若林さんが「この幸せを大山の裾野のように広げていきたい」と日吉津からも眺めることのできる大山に例えてコメント。
下田さんが「憧れだった鳥取での舞台挨拶が終わってしまい寂しいけど、この素晴らしい作品に出会えたことは嬉しい。鳥取は人口が少ないのにアイマス制作スタッフが4人も出た作品です!」鳥取とアイマスに対する熱い気持ちを。

他にもあずささんの迷子道中を映像化!とか、監督の鳥取魂とか…
どれも直接聞いてみたかったです。迷子道中映像化したら米子市内が登場しそうですね。米子が聖地化とかちょっと胸熱。

会場に行っていなくとも、会場にいた人達の感想を読むだけで、若林さん、下田さん、そして製作陣の熱意が伝わってくるようでした。ご近所だから余計に親近感が湧いてくる感じです。

つい最近まで鳥取でアイマスイベントを!
と冗談のように言っていましたが、それも夢じゃなくなりました。
次は米子コンベンションセンター BiG SHiPでアイマスライブ!

それも夢じゃない気がしますね。いやっそれは夢見過ぎか…いやっでも…



本来なら参加して書くべきなのでしょうが、山陰でのアイマスイベント、ということで書かせていただきました。
自分は参加できなかった舞台挨拶でしたが、自分も参加したような気持ちになれた。
そんな鳥取舞台挨拶でした。

若林直美さん、下田麻美さん、錦織敦司監督、清水暁プロデューサー
本当にありがとうございました。
そして鳥取舞台挨拶に参加された皆さん。
お疲れ様でした。次の鳥取のアイマスイベントも是非来てくださいね!

おわり
ばいなーんすけ( ´ △ ` )ノ

参考にさせていただきました。ありがとうございます。
しのぷさんレポート 鳥取アイマス舞台挨拶 http://togetter.com/li/637054
劇場版アイドルマスター舞台挨拶レポート in 鳥取 http://ameblo.jp/usb-breaker/entry-11785662048.html