映画の感想です。
 
ボーン・レガシー ブルーレイ+DVDセット(デジタル・コピー付) [Blu-ray]
ジェレミー・レナー
ジェネオン・ユニバーサル
2013-02-20

ボーン・レガシー (2012)
ボーンシリーズの第4弾目。
一応前作の「スプレマシー」と「アルティメイタム」の辺りの話らしいですが、ちょっと分かりにくい内容だった気がしました。
主題歌はいつものアレで安心しました。
やっぱりボーンシリーズはマット・デイモンだよなあ…


ヒート コレクターズ・エディション(初回生産限定) [Blu-ray]
アル・パチーノ
ジェネオン・ユニバーサル
2012-09-26

ヒート (1995)
アル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロ主演の映画。
非常にいい映画でした。衝撃を受けた。
警部補役のアル・パチーノとギャング役のロバート・デ・ニーロの二人が主人公なのですが、最後までどちらが勝つのか読めない展開でした。最後のアレはどっちが勝ってもおかしくなかった。
スーツにグラサンのデニーロはかっこいいし、アル・パチーノは鬼気迫る演技で声が素敵だった。
二人でコーヒーを飲むシーンはハラハラしながら見てた。
あんな客が二人でいたら逃げ出すレベル。
銃撃戦のシーンは圧巻もの。実際の発砲音を使っているそうです。
二人共「仕事」にやりがいを感じ、それに熱中してしまっている感じ。正にTHE 男。
病院から現場に駆け出していくアル・パチーノ演じるヴィンセント・ハナ警部補のシーンはすごく素敵だった。

これは文句なしにいい映画、2時間50分でも全然余裕でした。


インビクタス / 負けざる者たち [Blu-ray]
モーガン・フリーマン
ワーナー・ホーム・ビデオ
2011-04-21

インビクタス(2009)
1995年のラグビーワールドカップの実話が元になった話。
徐々に人種の壁を超えていく様は優しい気持ちになれました。
主人公のマット・デイモンより、ボディーガードの皆さんの方がキャラが良かった。


グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち [Blu-ray]
ロビン・ウィリアムズ
ワーナー・ホーム・ビデオ
2012-03-07

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997)
脚本がマット・デイモンと『アルゴ』のベン・アフレック。
マット・デイモンがハーバード大学に在学中にシナリオ制作の授業で書いたものを、ベン・アフレックと共に映画化に向けて執筆したらしい。
友人役でベン・アフレックも出るのだが、非常に良いキャラ。
ショーン先生の台詞も物凄く胸にグッとくるものがあった。
自分が知識に埋もれてしまい、頭でっかちになってしまったときにもう一回観たいと思った。


「イヴの時間 劇場版」 [Blu-ray]
佐藤利奈
角川映画
2010-07-28

イヴの時間 Are you enjoying the time of EVE ?(2010)
 久々のアニメ映画。
元々は15分(6話目は30分)の短篇集で、それを再編集したものが劇場版。
アンドロイドが世の中に広まった世界の話。
 雰囲気が非常に良かったですなー僕もイヴの時間でイヴレンド飲みたい。
お店の中では人間かアンドロイドか分からないってのも良い。
アンドロイドがあんな感じに感情を出すなら人間と変わらないよなあ…
サミィみたいなアンドロイドが家にいたら間違いなく僕もドリ系になる自信があります。
でも一番好きなキャラはナギさんでした。 


本当は今敏監督の作品を借りてきたので、その感想を書こうと思ってたが 、『千年女優』だけ観てなかったのでそれを観てからまとめて感想を書こうと思う。

いやしかし『東京ゴッドファーザーズ』は面白かったなあ。
その話は次回で。